肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

リウマチについて

リウマチについて

リウマチ

このようなお悩みありませんか?一つでも当てはまったら、
今すぐ当院にご連絡ください!
悩んでいる人
  • 関節が熱を帯び、腫れや炎症がある
  • 動かさなくても関節が痛む
  • 寝起きに関節がこわばり、すぐに動かせない
  • 慢性的な炎症や痛みで疲労が蓄積しやすい
  • 筋肉の弱体化や関節の変形がある

全て当院にお任せください!

リウマチとは、免疫の異常によって関節に痛みや炎症を起こす、30~50歳代の女性に多い疾患です。起床して30分以内くらいに最も症状が出やすく、日中や夜は落ち着くという特徴があります。

リウマチの症状

症状

リウマチの症状については、関節の炎症や軟骨・骨の破壊などが挙げられます。放置しておくと症状が進み関節が変形してしまう場合があるため、初期段階での発見と対策が重要です。

初期段階におけるリウマチの症状については、微熱や関節のこわばり、痛みや腫れなどが挙げられ、倦怠感や食欲不振を伴うこともあります。

関節のこわばりは、睡眠などで身体を長時間休めると、こわばってすぐに動かせない状態になります。特に朝の起床時に症状が強くあらわれることが多いです。リウマチの場合は、手指や足指など、左右対称となる関節に症状があらわれやすいという特徴がありますが、関節の痛みや腫れが複数の関節に見られる場合は注意が必要です。

リウマチの原因

原因

リウマチは免疫疾患によって引き起こされると考えられています。免疫とは、細菌やウイルスなどの抗原から、身体を防衛する仕組みのことです。抗原が身体に侵入すると、免疫細胞がそれらを識別して攻撃を開始します。リウマチの場合は、免疫の仕組みに異常(自己免疫疾患)をきたし、自分の身体にある関節の組織を抗原とみなして攻撃し、組織を破壊してしまいます。

ただし、リウマチについてはすべてが解明できているわけではありません。そのため原因については判明しているものの、自己免疫疾患がなぜ引き起こされるかは、不明な部分が多くあります。一般的には、過労やストレス、喫煙、出産、細菌やウイルスの感染といったものが、リウマチの原因となる自己免疫疾患の引き金になると考えられています。

リウマチは当院にお任せください

スタッフ

鍼には鎮痛や消炎の効果があるため、リウマチによる関節の痛みや腫れを軽減する効果が期待できます。当院では、患者様一人ひとりに合わせた施術でお悩みの症状を軽減していきます。お気軽にご相談ください。

店舗一覧