肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

腱鞘炎(デケルバン)について

腱鞘炎(デケルバン)について

デケルバン

腱鞘炎(デケルバン)は指の使い過ぎで生じる炎症といわれています。パソコンのキーボードやマウス操作、スマートフォンを長時間使用する人は注意が必要です。パソコンのキーボードやマウス操作、スマートフォンは反復的な操作を行うため、指に負担がかかりやすくなります。

腱鞘炎(デケルバン)の原因と症状

原因と症状

腱鞘炎(デケルバン)は、手や指を主に使用する職業およびスポーツを行う人に多くみられる症状で、最近ではスマートフォンの利用や反復的な手指の操作で長時間遊ぶゲームなどで起きることも多いです。また、女性や筋力が弱い人は腱に負担がかかりやすくなるため、発症率が高くなります。

症状には、炎症が起きている腱に近い関節が動かしにくくなる、手首の親指側が腫れて痛みが起きる、ペットボトルのキャップを開けるときなど手首を使う動作で痛みが起きるなどの事例があります。

腱鞘炎(デケルバン)でお悩みの方は当院にお任せください

スタッフ

子育て中の女性や妊娠・出産期、更年期などのようにホルモンバランスの変化が生じたときに発症することもあるので、その症状について把握することが改善に良い効果を与えてくれます。腱鞘炎(デケルバン)のお悩みはお気軽に当院へご相談ください。

店舗一覧