肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

かわしま整骨院からのお知らせ

これってもしかして自律神経失調症かも⁉

「これってもしかして

自律神経失調症かも!?」

 

・何となく疲れやすく体調が悪い。
・イライラしたり、気持ちが落ち込んだりする。

・病院で検査しても異常がないと言われる。

それはもしかすると、「自律神経失調症」かもしれません。 ※ストレス社会で自律神経失調症に悩む方が増えています。

【自律神経失調症の症状】

■自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことであらわれる症状です。
そのため肉体的にも精神的にもさまざまな症状があらわれます。また複数の症状が一度にあらわれることもあります。

目に見えるような症状ではないので、なかなか理解されずに悩んでいる方、どうしていいのか分からない方もいると思います。

《肉体的症状》

自律神経は、全身の器官をコントロールし、私たちの意思とは全く関係のないところではたらいています。
呼吸はもちろん、血液循環、体温調節、消化、排せつ、免疫など生命を維持するための全ての機能に関係しています。そのため、自律神経失調症になると「倦怠感」「疲れやすさ」「肩こり」「めまい」「頭痛」「冷え」「便秘」「下痢」「生理不順」「発汗」などの肉体的症状があらわれます。放置しておくとどんどん悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

《精神的症状》

自律神経は、ホルモンバランスなどにも深く関係しています。自律神経失調症になると、情緒が不安定になります。
さらに不眠状態が続き、記憶力や集中力の低下などもみられます。精神状態が悪化することで、マイナス思考やふさぎこみ状態がひどくなり、うつ病に移行するケースもあります。

【自律神経失調症の原因】

・睡眠不足 ・食事内容の偏り(栄養不足) ・ホルモンの変化  ・ストレス※などが原因となることが多い

【自律神経失調症の治療】
「自律神経失調症の治療では、心と体の両方からのアプローチが必要となります。」

■身体疾患の治療:まず大切なのが自律神経失調症の原因です。
自律神経失調症の症状の裏側にもし病気が隠れているとしたら、その治療が先決です。

■ストレスの解消:自律神経失調症の原因であるストレスを解消することも大切です。
愚痴を聞いてもらう、ストレス発散をできる趣味を持つなどして自衛することが良いでしょう。

■薬物療法:自律神経失調症の症状を和らげるために薬物治療も必要です。
症状があらわれると、その症状に対してさらに過敏になり悪化させてしまうからです。

■精神療法:自律神経失調症の治療として精神療法も有効です。

過度に敏感な性質や偏った思考パターンを改善していく認知行動療法が主になります。

 

【自律神経失調症の診断】

自律神経失調症というのは、特定の名前の病気ではありません。自律神経のバランスが崩れた状態を意味する慣用表現です。そのため検査しても異常が見つからないというケースも多くあります。必要に応じて血液検査、心電図、脳波検査、画像検査などが行われ、どこにも異常がないと認められたうえで、自律神経失調症の診断が下されます。その他、心理テストを行い、ストレスへの耐性などの検査を行うこともあります。

【自律神経失調症の予防】

・周囲に相談する ・心身のリラックス ・十分な睡眠 ・バランスの良い食事 ・適度な運動

自律神経を自分で整える為には、まず規則正しい生活習慣を身に着けることが先決と言えるでしょう。

【自律神経失調症かもと思ったら何科に行く?】

自律神経失調症には、さまざまな症状があらわれます。

「お腹が痛くて内科を受診しても異常が認められない。」

「頭が痛くて脳神経科を受診しても異常がない。」

さらに、そのときの体調によって、症状が変化してしまうことも自律神経失調症の厄介なところですが、まずは症状があるときには、内科、婦人科、耳鼻科、脳神経外科など症状に合った一般科を受診して、疾患がないことを確認します。

【病院に受診したが異常がなかった!原因がわからなかったという方へ】 

かわしまはりきゅう整骨院では、東洋医学の観点から、自律神経失調症を改善する施術を行っております。私たちの身体は生活習慣の癖や筋力の低下などにより、悪い姿勢へと変化してしまいます。その結果、姿勢が悪くなると自律神経の通り道である背骨が歪み、神経の伝達が乱れてしまうのです。当院では、歪んだ背骨を整える「骨格矯正」や、「ツボ」の刺激を用いて、自律神経の乱れを整える鍼灸治療を得意としています!なかなか原因がわからないまま症状が長引いている方、診断を受け薬を服用しているが、あまり改善が見られない方などは、ぜひ一度当院にご相談ください!

※そのうえで症状が改善されない、原因がわからないという場合は、心療内科や精神科の受診を考えるのはいかがでしょうか。

電話

LINE