肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

ばね指について

ばね指について

ばね指は、腱鞘炎の症状が進行したものになり、悪化すると指が動かせなくなることもあります。手のひら側の指の付け根の腱の通り道に腱鞘があり、この腱と腱鞘の間で炎症が引き起こることでばね指になります。

ばね指の症状と原因

ばね指の症状については、手のひらの側の指の付け根に痛みや腫れ・熱を持つようになったり、指の曲げ伸ばしがスムーズにおこなえず、途中でひっかかりが出るなどの症状があらわれます。その他には指が曲がったままに伸ばすことができなくなることもあります。

最初のうちは手のひら側に痛みが出るだけになり、症状が進むと自力で指の曲げ伸ばしができなくなることもあり、日常生活に支障をきたすようになります。ばね指の症状は朝起きた時に現れることが多いといった特徴があります。

ばね指になる原因については、指の使い過ぎによって引き起こります。家事などでの指の使い過ぎや、スポーツをしている方など手を使う機会が多い方が発症する病気になります。その他には糖尿病や、リウマチ・透析患者など持病を抱えている方もばね指にかかるリスクが高くなると言われています。更年期や出産後の女性は筋力低下や骨粗鬆症の影響で、ホルモンのバランスが乱れることになり、腱と腱鞘が弱くなることで、ばね指が発症しやすくなります。

ばね指でお悩みの方は当院にお任せください

近年ではスマートフォンの使い過ぎでばね指を発症する方も多いです。また、指だけが原因ではなく肩こりや姿勢の悪さからばね指に繋がることもあります。当院では姿勢の歪み検査なども行い、症状を繰り返さないよう骨格のゆがみにもアプローチしていきます。ばね指の治療はかわしまはりきゅう整骨院にお任せください。

電話

LINE