肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症は、椎骨にある管を通る脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫され痛みやしびれを引き起こすのが特徴です。

脊柱管狭窄症の原因と症状

脊柱管狭窄症の引き金となる要因は様々ですが、加齢や長期的な体の負担、椎間板の変形を招く病気などがあてはまります。腰椎の脊柱管狭窄症は、痛みそのものはそれほど強くなく、安静にしていれば症状が気にならないです。

しかし歩行に関しては影響が大きく、僅かな距離でも歩こうとすると太ももがしびれたり、痛みが出て歩きにくくなります。前かがみになると症状が和らぐので、これが脊柱管狭窄症を判断する目安の1つです。腰掛けて休憩しても楽になりますから、いずれにしても思い当たる場合は脊柱管狭窄症の可能性が高いといえます。

脊柱管狭窄症は頚椎や腰椎に多く、前者の頚椎の場合は手足がしびれたり、手を使う作業に支障が出ることがあります。一方で後者の腰椎は、下半身にしびれが生じたり、痛みが出て歩行が難しくなるケースが多いです。症状が進行すると下半身の力が抜ける感覚を覚えたり、尿もれが発生することがあるので注意です。これらは神経の圧迫によるもので、脊柱管狭窄症の典型的な症状でもあります。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

脊柱管狭窄症は姿勢の影響も強いと考えられています。当院は骨盤・背骨矯正や猫背矯正など様々なメニューをご用意し、姿勢を良くするお手伝いをいたします。他の治療院では良くならなかったという方も、かわしまはりきゅう整骨院へご相談ください。

電話

LINE