肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

オスグッド・成長痛について

オスグッド・成長痛について

正式名称はオスグッド・シュラッター病と言われ、成長期の10歳~15歳ぐらいの男子によくみられる症状で、太ももの前面の筋肉が緊張することによって生ずる痛みです。

オスグッド・成長痛の原因

原因としては、ジャンプや走ることで膝の曲げ伸ばしが繰り返し行われ、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が引っ張られることによって膝の「脛骨粗面」に強力な負荷がかかり、膝に痛みが出る病気です。

特にジャンプやダッシュなどを繰り返していると引っ張られる力が強く加わるため、サッカーやバスケット、バレーボールなどの競技をしている小学生や中学生にオスグッド(成長痛)が多くみられます。

オスグッド・成長痛でお悩みの方は当院にお任せください

子供は自分の異変に気がつかないこともあるので、親御さんが日頃から様子を見て異変を感じるようなことがあれば、お気軽に当院にご相談下さい!かわしまはりきゅう整骨院独自の施術によって改善へと導きます。

電話

LINE