坐骨神経痛(ヘルニア)

 

経絡の流れを良くすることにより解消されます。

坐骨神経痛の症状は、おしり~太ももの裏~ふくらはぎ~足の甲、足の横の部分や足の裏まで といった具合に神経の走行に沿った痛みのことを言います。
坐骨神経痛を起こす原因として椎間板ヘルニア、変形性脊椎症(骨が変形してトゲが出てしまう状態)、 脊椎分離すべり症、脊柱管狭窄症、お尻の筋肉の緊張による神経の絞扼などがあげられます。
坐骨神経痛の場合ほとんどが骨盤、骨格の状態を整えてあげたり経絡の流れを良くすることにより解消されます。
但し程度によっては期間がかかる場合もあります。 かわしま鍼灸整骨院では痛みに応じて筋肉をゆるめる施術をおこなっていきます。
症状がひどい方は痛みを感じない鍼、熱くない灸をしようすることもあります。

 


web限定クーポン