肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

テニス肘について

テニス肘について

肘関節の外側に痛みが生じる障害の1つにテニス肘と呼ばれるものがあります。上腕骨外側上顆炎とも呼ばれているものであり、痛みが伴います。

テニス肘の原因

テニス肘は、テニスなど肘の曲げ伸ばしが多いスポーツの練習のしすぎや、自分の体に合わない間違ったフォームで打ち続けたり、体に合わないラケットを使うことで起こります。

またスポーツ以外でも仕事などで、腕を繰り返し使う場合にも痛みが生じる事が多く、大人に起こる腕の障害として頻度が高く30代~50代の方や女性の方に障害が起こりやすい傾向にあります。

テニス肘の症状

テニス肘の症状については、肘の関節の外側が何もしていない時や、寝ている時でも痛みやだるさを感じやすくなります。テニスをされている方なら、バックハンドストロークをした時に肘関節の外側に痛みを感じやすくなります。

日常生活では手首を上にそらした時に痛みを感じたり、物を持ち上げたりタオルや雑巾を絞る時など普段何気なく行っている動作で痛みを感じやすくなる特徴があります。

テニス肘でお悩みの方は当院にお任せください

症状が良くならないまま、肘を使い続けると、痛みが長引き、治りにくくなるともされています。スポーツや肉体労働の時だけではなく、日常生活においても、痛みが出て不自由を感じることもあります。テニス肘でお困りの方はぜひ当院へお越しください。

電話

LINE