肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

足底筋膜炎について

足底筋膜炎について

足の裏側、踵あたりに症状を経験する足底筋膜炎はスポーツをしている人に多い炎症です。土踏まずを支えている足底筋膜は、足への衝撃を緩和するという大切な役割もこなしています。

足底筋膜炎の原因

代表的な原因は、サッカーやバスケット、ランニングなど足をよく使うスポーツや立ち仕事によるものが多いです。靴があっていない、もしくは硬い道路でトレーニングをしていることも足底筋膜炎になる原因になります。

足底筋膜炎が重症化すると、かかとの骨にとげのようなものができ、それがさらに強い痛みを発生することもあります。痛みを感じたらスポーツを休んだり、クッション性の高い靴に替えるなどの対処を行うとともに、早期に治療を開始することで重症化を防ぐことにもつながります。

スポーツで起こる事が多いですが、日常生活で足裏に負荷をかけやすい立ち仕事を行っている人でも発症しやすい傾向があります。

足底筋膜炎の症状

主なものは足裏と踵の痛みです。常に痛むというよりは、起床してから最初に床に足をつけた際や、立ち止まっている状態から急に歩き出した際に痛みを感じるケースが多いと言えます。

押す事で痛む事もありますし、階段を使う際や爪先立ちになった瞬間に症状が出る人も多いです。症状は個人差があるので、朝に強く痛む方もいれば、夕方になるほど強くなったり、運動後に激しく痛んだりする方もいます。

足底筋膜炎は当院へお任せください

足底筋膜炎は足底だけが悪いわけではなく、身体の歪みが足底に負担をかけて発症しています。まずは姿勢矯正や骨盤矯正で歪みを取り除き、正しい身体のバランスを手に入れることが大切です。痛みを我慢して放置していると、歩く事さえ困難になる場合がありますので、足底に違和感を感じたらかわしまはりきゅう整骨院 宇美院へご相談ください。

電話

LINE