肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

変形性膝関節症について

変形性膝関節症について

筋肉の衰えや肥満、無理な動作など様々な要因が重なり合って膝への負担が大きくなり、膝の関節軟骨がすり減って発症します。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の症状として、動き始めに膝の痛みが強いという特徴があります。

膝は関節包という関節の潤滑液が入った袋に包まれており、関節同士が擦れ合うことでこの液が分泌され、膝の動きがスムーズに行えます。ただ動き始め、特に朝一番は潤滑液が枯渇していて膝の動きがスムーズでないため、朝一番は痛みを感じやすくなります。

変形性膝関節症の原因

関節軟骨の老化・消耗により、膝の関節が擦れ合うことで、膝の内側に変形が起こり痛みを生じます。

主に加齢が原因ですが、肥満による膝への負担、過去に膝のケガの既往歴があると、若くして発症することもあります。膝の間違った使い方による、膝への過度なストレスも原因のひとつです。

変形性膝関節症でお悩みの方は当院にお任せください

当院では、お客様一人ひとりに合わせた丁寧な施術で症状改善に導きます。辛い症状にお悩みの方は、かわしまはりきゅう整骨院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております!

電話

LINE