肩こり、腰痛、姿勢の歪みが気になる方は、かわしま整骨院にご相談ください。

インピンジメント症候群について

インピンジメント症候群について

インピンジメント症候群が発症しやすいのは、肩峰下に骨棘ができている人や投球などといった動作をするスポーツ選手です。

インピンジメント症候群の症状

インピンジメント症候群の症状について、インピンジメント症候群は肩を上げる際に痛みを伴う引っ掛かりを覚え、それ以上の挙上が行えないのが特徴です。また症状が進行すると筋力が低下したり、夜間に痛みを覚えるようになります。

インピンジメント症候群は、肩の挙上の動作で、だいたい60~120度の角度の位置で痛みが強くなる傾向があります。これは肩を上げる時だけでなく下げる時も同様です。このような痛みをペインフルアークと言い、高齢者やスポーツ選手に多く見られます。

インピンジメント症候群の原因

インピンジメント症候群の原因については加齢による骨の棘と骨折による変形や、動作の繰り返しによる炎症と断裂が主です。前者は石灰が沈着することで生じる病的な衝突、後者はいわゆる腱板断裂と呼ばれるものです。投球動作の繰り返しは特にインピンジメント症候群のリスクを高めるので、スポーツ選手に多いと言われています。

インピンジメント症候群でお悩みの方は当院にお任せください

肩が硬いと痛めやすいので、柔軟性を保つストレッチが大切になります。肩に違和感を覚えたり動作に痛みや制限を感じたら、なるべく早く受診することをおすすめします。当院では、ご期待に応えられる施術を心がけて改善へ向けてのストレッチ方法などをお教えします。是非、当院へお越しください。

電話

LINE