シンスプリント(過労性骨膜炎)

 

先生!ジャンプしても痛くない!

福岡県太宰府市だけでなく、県外からも噂を聞き通院される方がたくさんいます。 スポーツ障害で苦しむ学生の代表例がシンスプリント(過労性骨膜炎)。 シンスプリント(過労性骨膜炎)は、「練習をやめないと治らないし、時間がかかる」とよく言われます。 しかし、福岡県太宰府市のかわしま鍼灸整骨院では、施術終了後ほとんどの患者さんから 「あら???痛くない!!先生!ジャンプしても痛くない!!」と言われます。 シンスプリント(過労性骨膜炎)は2~4週間でほとんどの方が独自の施術プログラムにより改善します。
諦めないで施術すれば治る症状です。 *個人差があります。
シンスプリント(過労性骨膜炎)でお悩み方!福岡県太宰府市のかわしま鍼灸整骨院まで

 

シンスプリントとは?

シンスプリントの図

シンスプリント(過労性骨膜炎)とは、ランニングなどにより 「ふくらはぎ」内側の中1/3から下1/3にかけて生じる痛みの事を言います。
下腿のランニング障害の最も多い原因の一つです。
脛骨疲労性骨膜炎と訳されていますが、わが国でもスポーツ界では一般的にシンスプリント(過労性骨膜炎)と呼ばれいている事が多いようです。

年齢は10代から40代、特に16~17歳ぐらいに多く、女性は男性の約1.5倍の発生頻度です。
原因となるスポーツは、陸上競技、バスケットボール、最近ではエアロビクスなどに多く見られます。 また、高校や大学の新入部員や合宿などで練習量が急激に増加した時に発症する事が多いので、この時期特に注意が必要です。

シンスプリント(過労性骨膜炎)の発生部位である「ふくらはぎ」後内側の脛骨中1/3から下1/3には、 ヒラメ筋(つま先立ちする時に収縮する筋肉)の筋腱が付着しておりこの筋腱の張力が原因の一つとされています。 その他に、下腿や足の形態(扁平足など)や筋肉の機能低下と柔軟性の欠如、 練習する場所の表面(アスファルトなど)、靴、練習方法なども発生の原因とされています。
 


web限定クーポン