新着情報

坐骨神経痛はお任せください!|太宰府・筑紫野

%e3%81%8b%e3%82%8f%e3%81%97%e3%81%be%e6%95%b4%e9%aa%a8%e9%99%a2_%e5%9d%90%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e7%97%9b3-%ef%bd%94%ef%bd%8f%ef%bd%90-01

◆◆◆ 坐骨神経痛とは ◆◆◆

坐骨神経とは、腰の骨(腰椎)の間からでて骨盤の中を通り、お尻の筋肉(梨状筋)の下を通り太ももの後ろ側を通って、膝の近くでふくらはぎとすねの2方向に分かれて足の指先まで伸びている、長く太い神経です。
人体で最も太い神経なので圧迫されやすく、腰の間からお尻の筋肉の下を通る間のどこかで坐骨神経が圧迫されると起こるのが 『坐骨神経痛』 です。

 

つまり、坐骨神経が「骨格の歪み」「筋肉の硬さ」などによって圧迫・刺激されることで、腰痛からお尻や太もも・すね・足先などに痛みやシビレがおこります。
さらにひどくなると痛みや麻痺よる歩行障害を伴うこともあります。

◆◆◆ 坐骨神経痛の特徴 ◆◆◆

坐骨神経痛は腰の痛みやお尻や太もも、足先にシビレや痛み、つっぱり感やだる重い感覚が出ます、腰痛は腰とお尻にのみ痛みや重さが出ます。

以下のような症状に思い当たるところがあれば、要注意です。

 

□ 足が激しく痛む、歩けなくなることがある。
□ いつもおしりや太ももに痛みやしびれがある。
□ 腰・足(体)を動かすと足の痺れ痛みが激しくなる。
□ 安静にしていても、お尻や足が激しく痛む。
□ 腰痛があり、お尻や太ももの後ろ側に違和感がある。
□ 腰だけでなく足にも痛みがある。
□ 前かがみになると痛くて靴下をはけない。
□ 足先などに冷感やだるさ、チリチリと焼けるような痛み(灼熱感)がある。
□ 立っているとお尻や足がしびれたり痛んでくる。
□ 太ももの後や外側、ふくらはぎ、足先などに痛み、ぴりぴりとした感覚(しびれ)が続いている。
□ お尻が痛くて座れない。
□ 足の筋肉(筋力)が左右で違う。
□ 足に力が入りにくい感じがある。
□ 足の感覚が鈍くなり、皮膚が厚くなったような感覚がある。
□ 仰向けに寝て片足を伸ばしたまま上げると、シビレがひどくなる。

◆◆◆ なぜ、坐骨神経痛がおこるのか? ◆◆◆

腰の間からお尻の筋肉の下を通る間のどこか「骨格の歪み」「筋肉の硬さ」などによって圧迫・刺激されることが原因です。そのほとんどが、脊髄の圧迫、神経の付け根の圧迫、お尻の筋肉(梨状筋)の緊張(硬さ)による神経の圧迫が原因でおこります。

◆◆◆ 坐骨神経痛でも様々な原因、症状も異なる ◆◆◆

筋肉が硬くなり坐骨神経の圧迫・刺激や、骨格の歪みによる坐骨神経の根元の圧迫・刺激もしくは、脊柱管の狭窄(脊髄が通る管の狭窄)・椎間板ヘルニアによる脊髄の圧迫・刺激といった原因がほとんどです。

◇脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア ➡ 脊髄の圧迫・刺激
◇根性坐骨神経痛 ➡ 坐骨神経の付け根の圧迫
◇梨状筋症候群 ➡ 梨状筋の緊張(硬さ)による神経の圧迫

◆◆◆ 坐骨神経痛が悪化したり、改善しない理由 ◆◆◆

病院や整骨院などで治療しても、悪化した・改善しない・改善してもまた症状がでるといった方がほとんどだと思います。

その原因は、体の使い方などの癖からくる骨格の歪みと筋肉の緊張(硬さ)で、慢性化して、骨格を整え筋肉を緩めても、前の骨格が歪んだ状態や筋肉が硬い状態に戻ろうとして改善しにくくなっています。

改善するには、骨格(骨盤・背骨)の歪みを整えるのと筋肉の緊張(硬さ)を緩めることです。筋肉は表面の部分だけでなく深い部分も緩める必要があります。

骨格の歪みだけ整えても、筋肉の硬さにより歪みも前の歪んだ状態に戻ってしまいます。

筋肉だけ緩めても、骨格の歪みにより元の硬さに戻ってしまいますし、筋肉の表面の部分だけだと深い部分が硬いままなのですぐ前の状態に戻ります。

こういったことで、改善しない・改善してもまた症状がでてしまうといったことがおきてしまいます。

そのため、骨格の歪みと筋肉の硬さをとる施術を両方とも行う必要があります。慢性化している場合は、前の悪い状態に戻る前に施術を数回繰り返す必要があります。

 

太宰府・筑紫野_かわしま整骨院
〒818-0125 福岡県太宰府市五条2丁目22-5
TEL:092-929-3022
◎駐車場6台完備  ◎お子様連れ大歓迎
太宰府・筑紫野の方にも多くお越しいただいています!

 

<アクセス>
西鉄五条駅から徒歩で約5分
太宰府市役所から徒歩で約5分
筑紫野市役所から車で約10分