四十肩・五十肩

 

四十肩・五十肩でお悩みの方、鍼治療やマッサージ、体操などによって症状をやわらげ、早期回復できます!

四十肩・五十肩で、もう悩む必要はありません!

四十肩・五十肩とは、40代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことをいいます。腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、腕を上げる、後ろに回すなどの動作をしにくくなるのが特徴です。ふつうは半年から1年で自然に治りますが、鍼施術やマッサージ、体操などによって症状をやわらげ、回復を早めることができます。

 

四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のことをさします。
私たちの肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけ構造はフクザツ。肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱(筋肉が骨に付着する部分)、関節をスムーズに動かすための「滑液包」などがあります。そのため、炎症が起こりやすい部分と言えるのです。
中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。

 

正しい姿勢が必要です

鍼灸の場合は、ツボにそって鍼をうち、四十肩・五十肩で上がらなくなっている筋肉の緊張を取り除きます。 さらに筋肉の緊張をほぐすために、整体施術を行います。

かわしま整骨院のはり治療は、資格を持った治療士が安心の使い捨て鍼を使用するので、痛くありません。

 


web限定クーポン